有識者会議の初会合

NHKニュースウェブ記事より転載

 政府は3月23日に、皇位継承策にかんする有識者会議の初会合を、首相官邸で開きました。
 座長は互選で、清家篤氏にきまり、この先話し合う論点が10点確認されました。

 主な論点は以下です。
・天皇、そして皇族の、役割や活動について
・男系男子が皇位を継ぐことの意義について
・女性や女系天皇へ資格を広げることについて
・皇族の数が減っているため、たとえば女性皇族が、結婚した後も皇族でありつづけて、皇室活動を補佐することについて
・今は一般市民だが旧皇族の家系という家の、若い男子を、皇族と養子縁組させて、将来的な 皇位継承問題にそなえることについて

 これからの会議は非公開で、そのつど要点をまとめた議事録を発言者名をかくした形で、2週間後をめどに公開していくそうです。
 今後の会合は、有識者会議の6名で話し合うだけでなく、専門家からも順次ヒアリングしていき、計20名ほどの予定が立っていると。
 第2回会合は、4月8日に開催されます。

 小泉政権時に有識者会議でまとめられた意見は、かなりしっかり考えられた提言になっていました。
 今回ははたしてどうまとめられるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする